What's up! Man! GEEKライフ

漫画とラジオとアニメと映画とアイドルとブレイクダンスが好きな某大学の学生。日々の記録を徒然に書いていきます。

【いま見とかないといけないアイドルなんだよなあ】好きなアイドルについて(後編)

 

前回に引き続き、好きなアイドル変遷をお送りします。

 

確かにそれまで、このグループのこの曲がいい!!とか(例えば、さくら学院の部活の曲BABY METALやバトン部は凄まじくかっこよかったり、渋谷ロックと言われるような曲調で魅了した)このグループの顔面偏差値たかっ!!とか(SUPER☆GiRLSのような、その妹分的GEMのような)色々なびいていたが、どれひとつピンとこない日々を繰り返していた。

 

2012年の夏、自分の中で初めてと言ってもいい、衝撃が走ったグループがあった。

 

そう私立恵比寿中学である。

 

たまたまある深夜テレビをつけた時彼女たちのレギュラー番組が放映されていたのだ。その内容はアイドルの力で町おこしをしようという企画で、レキシの池田貴文さんとともにシュールかつ大胆な企画構成でとても楽しかった。

 

あーエビ中ね、あの変な声の子がいるグループでしょという人がいるかもしれない。(申し訳ない)しかし、いまは転校(卒業)してしまった。

 

安心してください。もう一人います。

 

正確には前まではそうだった。しかし、その子は大人になるにつれてみるみるうちに変貌を遂げるのである。ちょっとまだ自分の立ち位置がわからないときの彼女は大きく変わったのである、MCという役目をもらうことで。

 

そう、安本彩花ちゃんである。

f:id:ryu23ryu:20190301192159j:plain

  

 彼女の美声とともに、その天真爛漫さが本当にとても良い。

彼女を見るだけで癒される。友達思いで、優しいところが好きだ(エビ中メンバーは基本、皆、優しい)。

 

 

 

まあここで、主がハマった曲をプレイバックしたい、。

 

一番最初にこの曲すげえええと思ったのは、


私立恵比寿中学 『大人はわかってくれない』

 

たむらぱんさん作詞作曲のこの曲。彼女たちのあどけなさとともに、大人にはなりたくないという反抗心が芽生え、葛藤するその曲の歌詞に主は胸を打たれた。

 

今見ると、皆若いなあ。

 


私立恵比寿中学 『頑張ってる途中』

 

次にこの曲はレキシの池田貴文さんが作ったライブでも盛り上がるチューン。とてもいい意味でのびのびとした優しい気持ちになれる、素晴らしい一曲。

 

なぜか貼り付けができないのが惜しいが、手をつなごうという曲もこの時代の名曲。始め聞いた時、どこにでもありそうだなあと思ったのだが、MVを見た時、それがまあ覆される。

ぜひ見ていただきたい。

 

次にエビ中の9人時代のジャケ写が非常に黎明期では、尖っていたことで有名だ。

メジャーデビュー1stシングル「仮契約のシンデレラ」のジャケ写を見ていただきたい。

 

f:id:ryu23ryu:20190301193537j:plain



 

んんっ、なんなんだっアイドルなのに、後ろ向き??

 

 

そういままでのアイドルにはないジャケ写を撮ることで、運営はアイドルヲタから注意を引こうとしたのである(しかし一部のアイドルファン以外からは、拒絶された)。他にもAKB48指原莉乃さんが主催する指祭りでリムジンで武道館に訪れて、ロックスターの格好でパフォーマンスしたり、TIF(東京アイドルフェスティバル)では白塗りで踊ったり、ティッシュを投げたりとまあ色物のグループとして認知されることが多かった。

 

 

しかし、実は主が参加したエビ中のライブは2013年のよみうりランドで開催された、ライブ、狂い咲きエビィロードまでである(お金がなくなった)。めーちゃ、めちゃ楽しかった。

楽しすぎて、今でも鮮明に覚えている。

 

では、何にそんなに惹かれるか??

 

このエビ中の何がすごいかっていうと、スタッフさんと、協力していただいた楽曲の提供者さんたちがとても“できている”ことにある。

みんなで悪ふざけしよう。大人になっても、子供心を忘れないように、というスタッフさんたちの優しさがそこにはあるのである。もちろん、メンバーの優しさ、清純さがライブにはある。嫌なことがあっても笑い飛ばそう、辛くても強く生きようという気概が感じられるのだ。そこには人間らしさがあり、ひたむきに生きている人の背中を押す、力強さを与える。それって人間味に溢れるグループなんだと思わせてくれる。そこが大好きだ。

 

そのライブを期に主はライブには遠ざかっていたが、毎シングルしっかりと聞いていた。彼女たちのシングルでは必ず、遊び心が入っているからだ。例えば、「手をつなごう/禁断のカルマ」だとLon de don、Another day、「バタフライエフェクト」ではラブリースマイリーベイビー、「夏だぜジョニー」ではキャンディロッガーなどなど非常に変化球の多いグループなんだとわかる(あくまでも自分の主観ではあるが)。もちろんアルバムの曲も好きだ。

 

そこで2016年また、この曲は遊んでるなあ、遊園地に行ったら、皆でコーヒーカップに乗り、グルンっグルンっ回して人に迷惑かけるぐらい遊んじゃうような曲が出た。


私立恵比寿中学 『サドンデス』ミュージックビデオ

 

大人のくせに子供っぽい曲、みんなで遊ぼーぜーって曲を作ってくれる岡崎体育さんが作詞作曲を担当している。

 

ここに、このグループの一つの答えがある。

 

 

「私たちは全員横一列。同じ歩幅で歩んできたじゃない。」

 

 

なんてエビ中らしさ表現された、いい言葉。。。

この曲にくるまで、前途多難な道を歩んできたのだ。病気で、ライブに出られなかったメンバーもいた。そこで、この言葉である。まあ優しみを感じたよね。

 

 

 

その後、松野莉奈ちゃんが亡くなった。

 

 

 

自分は安本彩花ちゃんが好きではあるが、自分にとってもう一人欠かせない存在だった、彼女は。

 

綺麗な子だった。優しい子だった。ちょっと抜けているところがとても可愛かった。

そんな子が居なくなるなんて。

 

辛さを交えつつ、当時のメディアの報道を見て、どうしようもなく途方にくれた思いになった。

 

一回だけ、彼女の写メ会に行ったことがあり、一生懸命頑張る姿にとても勇気付けられた。

 

主はある理由で絶望に押しつぶされそうになったことがある。

 

生きるのが辛くなることもある。

 

しかし、人は動き続けなきゃいけない。止まったら、それは終わり。

 

生きた石にならなきゃと。

 

 

 

2017年の春、彼女たちの活動は再開された。ここから知った人も多いだろう。

 

 

 

 

今は彼女たちの動向はラジオのみで追っている。(めっちゃ面白い。特に、エビ中なんやねん)。あどけなさはなくなったが、昔のような遊び心を持った曲を歌ったり、重低音を効かしたシリアスチューンを歌ったりと、以前とはまた違った良さを確実に広げている。

 

 

 

最後にこの前、偶然ツイッターで見つけたものを見てほっこりした。

 

エビ中のメンバーと真山りかちゃんがインスタでいいねしあっている画像。

 

次回は好きな深夜ラジオについて書きます。